先日から春の甲子園が始まり、1週間後にはプロ野球が開幕。いよいよ野球シーズンが到来です!

今回は前回のT選手に続き、アリゾナウィンターリーグに参加していたY選手にトライアウトのお話を伺いました

<Y選手 26歳 投手 千葉県>


【憧れの地での野球】
Y選手 26歳 投手 1





<BBC>
トライアウトに参加しての感想は?

<Y選手>
憧れのアメリカで野球をして、充実した日々を送ることができ、1日1日が野球でも日常生活でも新しい発見の連続でした。僕にとっては最高の時でしたね。


【日本野球とアメリカ野球の違い】
Y選手 26歳 投手 2





<BBC>
日本とアメリカの野球の違いは何でしたか?

<Y選手>
まず最初に感じたのは、ウォーミングアップの仕方の違いです。日本みたいに時間を掛けて行うのではなく、必要最小限の事を効率よく行うのが印象的でした。ウォーミングアップの違いに戸惑い、日本人選手達は全体のアップの後に、さらに各自でウォームアップを行っていました。次に感じたのは『意識』です。日本人選手もアメリカ人選手も、プロ契約を得るために必死にやっていましたが、アメリカ人選手は真剣に野球をしながらも、楽しみながら野球をやっているという印象を受けました。


【チームメイトとのコミュニケーション】
Y選手 26歳 投手 3





<BBC>
トライアウト中に苦労した事はありましたか?

<Y選手>
言葉ですね。世界中から選手が集まってくるので、コミュニケーションがとれなかったのが、苦労と言うよりも、歯がゆい思いになり、特にチームメイトには申し訳無かったです。そのなかでも、チームメイトはジェスチャーなどを使いながら私でも分かるようにコミュニケーションを取ってくれました。


【新たな発見】
Y選手 26歳 投手 4





<BBC>
トライアウトに参加して得たことは?

<Y選手>
このトライアウトでは、色々な事を学び、色々な事を経験しました。あえて参加して得たことをあげるなら、当たり前の事ですけど、僕は『意識、目標』ですね。高いレベルの中で野球をして、自分の意識を変える必要があるという事に気付きました。また、自分の今まで見えていなかった長所・短所が見えて、新しい目標を見つける事もできました。


【アメリカでの挑戦】
Y選手 26歳 投手 5





<BBC>
今後の参加者に向けてのアドバイスは?

<Y選手>
悩む前に渡米(笑) 僕も行くまでに凄く考えましたし、アメリカでやりたい気持ちは、4年前から持っていたので、正直悩むなら行った方が良いですね。行かないで後悔するんだったら、行って好きなことをして後悔した方がいいと思います。『迷ってるなら、今最高の選択を』してもらいたいです。良かれ悪かれ得る事、学ぶ事は、絶対にあります!


Y選手は、プロ契約は得られませんでしたが、憧れの地で大好きな野球ができて充実した時が過ごせたようです。今後のY選手の活躍も期待しています!



チャンスはまだある!アメリカ・プロトライアウト

参加者募集中!
【ゴールデンウィーク フロリダFAリーグ・トライアウト】