今年1月に開催された、アリゾナウインターリーグ・トライアウトに参加した塚本浩二投手(29)が、アメリカ独立リーグの「チコ・アウトローズ」と、プロ契約を結びました!
2011年03月23日1





塚本投手は、四国ILの香川オリーブガイナーズから育成枠でヤクルトスワローズに入団。昨シーズン終わりに戦力外通告を受け、国内合同トライアウトに参加するも不合格。

しかし、「どうしても現役にこだわりたかった・・」と多彩な変化球を操るサブマリンは、新たなチャンスを掴むべくアリゾナウインターリーグに参加する事を決めた。

渡米前は地元の公園や河川敷など、限られた環境の中で自らに鞭を入れ、再びプロのマウンド登るために汗を流した。そして、単身海を渡った。
2011年03月23日2

2011年03月23日3







アメリカでは、国籍、年齢、過去のキャリアなど関係ない。とにかく、

「結果を残す」 ということだけだ。


塚本投手は誰よりも「結果」にはこだわっていたはず。渡米前も渡米中もその言葉を自身に暗示をかけるかのように刻み込んだ。

そんな強い気持ちがピッチングにも結びついたのか、低めを中心にボールを集め、バッターの芯を外す。「打たせて取る」というアメリカならではの投球術で一気にスカウト陣の目を引いた。
2011年03月23日4





そして、トライアウト終了3日目にチコ・アウトローズの監督から直々にオファーをもらった。

「とりあえずはホッとしました。」と、アリゾナの強い日差しをたくさん浴び、真っ黒になり帰国した塚本投手の表情は笑顔に満ち溢れていた。

「勝負はこれからです!」 

笑顔の裏側には、次の高い目標を志す強い意志がみなぎっていた。

アメリカ独立リーグへの切符を手にし、プロとしてのスタートラインに再び立つことができた。 5月から始まるキャンプに向けて今日もボールを投げ込む。


塚本投手の活躍に乞うご期待!





<プレーヤープロフィール>

2011年03月23日5
  塚本 浩二 (Koji Tsukamoto)

  球歴
  豊中高 →
  神戸大 →
  香川オリーブガイナーズ('06-'08) →
  東京ヤクルトスワローズ('09-'10) →
  チコ・アウトローズ ('11-)