今や多くの日本人メジャーリーガーが活躍する中で、若い世代がアメリカへ渡り、挑戦する姿が目立っています。

当社の「アリゾナウインターリーグ」もそのうちの1つ。アメリカのプロリーグに入るためのトライアウトリーグです。今回で4回目となる同トライアウトの参加者は、なんと過去最多の190名! そのうち日本人選手は25名と、いつになく活気付いています。
2011年02月02日1





日本人選手が多いせいか、フロントオフィスの入り口にはこんな案内表示も。。。文法に少し誤りがあったので、修正のリクエストをかけておきました笑
2011年02月02日2





初日は簡単なオリエンテーションを行い、リーグの概要説明や参加者の自己紹介をおこないました。日本人選手はやや緊張気味だったものの、堂々とした表情で話していました。
2011年02月02日3





長旅の疲れ、時差ぼけ、言葉の壁と、周りの環境が整っていない中、トライアウトは開始されます。しかしこれも「契約」を勝ち取るためには当然のこと。このトライアウトが目標ではなく、「通過点」なのです。皆、同じ日本人とはいえ、ひとたびグラウンドに出ればライバルです。
2011年02月02日4

2011年02月02日5

2011年02月02日6










初めの2日間は実戦形式の練習をおこない、まずは選手たちの技量をコーチ陣が確かめます。2日後の夜に、スタッフミーティング(コーチ陣の会議)がおこなわれチーム分けをし、本格的にトライアウトが始まります。
2011年02月02日7

2011年02月02日8

2011年02月02日9

2011年02月02日10

2011年02月02日11













これから約1カ月間、死ぬ物狂いで頑張ってください!