私は高校在籍時から、海外で野球をすることに憧れていました。
大学に入学してからも海外で野球をしたいという気持ちがあり、自分の将来を考え十分な費用を準備し、今しかないチャンスはないと思い、今回のトライアウトに参加することにしました。

38260523_651261191899761_5608692307449610240_n
既存のチームに入って、プレーをするというのは正直難しいと思っていました。
しかしチームメイトが気さくに話しかけてくれ、いいプレーをすると盛り上がってくれる様子をみて、チームに溶け込めているかもしれないと感じ始めました。
野球のルールは日本とアメリカで同じですが、プレーをしている中で違う「野球」をしている感覚があり、その違いを感じながらプレーをすることが面白かったです。

日本と海外で大きく違うなと感じたことは、ONとOFFがはっきりしているところです。
海外の選手は、自分の打席・投球・守備にはすごく集中し、それ以外ではリラックスしていて、日本とは大きく違うなと感じました。

今回私が参加したチームは、レッドソックスの本拠地であるボストンから近い場所で活動しており、休日を利用し、レッドソックスの試合観戦に行くことが出来ました。
また今回運良く、試合前のバッティング練習時にフェンウェイパークのグラウンドに入り、練習を見学することも出来ました。

38222556_651262311899649_460034501125341184_n
38281165_651262558566291_5714699358809620480_n
野球選手なら誰もが憧れる、メジャーリーグの試合を観戦し、とても刺激になりました。

海外でプレーしたいと思っている選手は、どんどん海外のプログラムに参加するべきだと思います。私は英語が全く話せませんが、多くの方に助けてもらい、なんとかやり抜くことが出来ました。アメリカの方も優しい人ばかりです。

野球道具と、海外でプレーしたいという気持ちと、パスポートさえあればなんとかなるので、飛び込んでいってほしいと思います!!